FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの元ミスマ○ジンの現役アイドルが衝撃のAVデビュー!幻想的な森の中で初めて見せる未成熟なヌード、糸ひく愛液にも赤面する超恥ずかしがり屋な彼女。涙を堪えながらの初めてのSEXは見守らずにはいられない。アイドルがAV女優に変わる時、羞恥と葛藤が快感に変わる、完全ドキュメント180分。


 前日に行われた調印式では、今回の興行主でもある協栄ジムの金平会長が「疑わしい行動は控えてもらいたい」と亀田陣営を牽制した。

 23日夜、亀田史郎氏の暴言問題により無期限資格停止中の亀田ジム・五十嵐前会長が都内のホテルで、試合の立会人アラン・キム氏(韓国)と接触したというのだ。

 亀田側は「あいさつしただけ。やましいことは一切ない」と反論したが、キム氏はいわくつきの人物。昨年10月に大毅が当時の同級王者デンカオセーンに挑戦した試合でも立会人を務め、判定負けを不服とする五十嵐前会長らに同調し、「WBAにダイレクトの再戦を勧めたい」と述べた。

 デンカオセーンが昨年10月の防衛戦で亀田大を判定で退けると、坂田陣営は雪辱を期して王者側と交渉し、契約を交わした。だが同11月のWBA総会は判定を不服とする亀田大のデンカオセーンとの再戦を認め、ことし2月に亀田大が世界のベルトを手にした。

 ある関係者は「デンカオセーンは衰え、防衛する力は残ってない。どうせ負けるならとタイ側は破格のファイトマネーを提示した亀田を選んだようだ」と内情を明かす。
 亀田大は2月、王者のデンカオセーン(タイ)に挑戦し王座についた。だが、このタイトル戦の挑戦者は当初、坂田に内定していた。両陣営が契約も交わしていたのに、WBAは「坂田は最近2戦、スーパーフライ級で試合をしている」という理由で対戦を認めず、後から要求してきた亀田大との対戦を容認した。

 こうした事情を受けて、新王者の亀田大は、坂田と90日以内に対戦することが義務づけられた。しかし、亀田側が渋り続け、やっと実現した。両ジム間には、亀田兄弟のファイトマネーが未払いだとして、亀田側が訴訟を起こした経緯もある。

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦(25日・東京ビッグサイト)の調印式と計量が24日、東京都内で行われ、初防衛戦に臨むチャンピオンの亀田大毅(亀田)は「自分の力を出せればKOできる。みんなに感動を与えるような試合をしたい」と闘志をみなぎらせた。
山形県東根市が来年4月に新設する「さくらんぼ小学校」と同名のアダルトサイトが存在している問題で、土田正剛市長は9日、一転して校名を変更すると発表した。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。