FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ソニーのプレステ3は、62,790円で2006/11/11に発売予定である。世界同時発売の予定だったが、欧州は2007年3月に発売延期になった。量産遅れの為である。


 PS3は当初、2006年春発売の予定だったが、3の特徴である「ブルーレイディスク」の規格遅れで発売延期になっていた。
 予定変更が続いており、混乱が分る。値段も6万円超!果たして売れるのか?


ソニープレステ3の公式HP
任天堂の次世代ゲーム機「Wii」の公式HP

 ゲームファンは「PS3」には関心を示さず、「ニンテンドーDS」で遊ぶのに忙しい。ソフトメーカーの中にはソフトの開発を突然延期するものも現れた。「PS3」の未来に不安を感じているからだ。

 PS3用ゲームの開発タイトルや発売日がゲーム誌に掲載された後に、それらが突然、消えてしまった。そんなソフトメーカーがたくさんあるのではないか、とネットで話題になっている。

 ゲーム業界関係者はこれについて、
「メーカーは『ニンテンドーDS』でのソフト開発で潤っているので、PS3にチャレンジするよりも、今後も伸びていくことが確実なDSをベースに考えようという動きがあります。だから、あせってPS3のソフト開発をせず、ころあいを見て出そうという動きだと思います」
と分析する。

【任天堂】ニンテンドーDS Lite本体(クリスタルホワイト)

 携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」は発売後20ヶ月で国内1千万台を超え、ソフトでもミリオンヒットが続出するなど、97年から市場が縮小してきたゲーム業界にとって希望の星で、「ユーザーは既にDSをゲーム機に選んでいて、PS3には向かわない」という見方も出ている。PS3発売後も、PS3用ゲームソフトが増えないことも予想される。

 一方で、PS2のゲームソフト開発費が膨大になり、ソフトも売れなかったことで、ゲーム業界では「ソフトメーカーで儲かっている会社は殆ど無い」と言われるようになった。倒産が相次ぎ、バンダイとナムコ、エニックスとスクウェアのような合併が続いた。経営体力が無くなったゲームソフト会社は、売れる見込みがある人気作の続編ばかり作らざるを得なくなり、ゲーム内容の新鮮さが失われて行った。これがPS3に重くのしかかる。

 アメリカの経済誌には、(1)今春予定していたPS3の発売を何ヵ月も遅らせ、マイクロソフトと任天堂より数百ドルも高価になった(2)発売の遅れと費用超過で、成功の見込みのないものを作りそうだ―。そして「ベータマックスの失敗を覚えています?」と皮肉っている。

豆知識・・・・
・ブルーレイディスク
 次世代のDVD。ソニーと松下電器が採用。対抗馬として、東芝のHDDVDがある。大容量で記録メディアとしても期待されている。PS3はこれの再生機能を搭載している。
・PS3の対抗馬
 マイクロソフトのXbox、任天堂のWii。Wiiは2006年の年末発売予定、価格は3万以下と噂されている

「宇多田ヒカルの夫 浮気」この記事は、芸能のブログランキング1位の「A neta 芸能ニュース」
「沢尻エリカ 整形」この記事は、芸能のブログランキング5位の「moons pop star」


★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。