FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 雑穀作付面積632ヘクタールで日本一の花巻市でこのほど、雑穀への理解を深めようと「イーハトーブ雑穀フェスタin花巻」が開かれ、プロ野球ソフトバンクの王貞治監督の娘で日本雑穀協会員でもある王理恵さん=写真左=がトークショーに出席、父と雑穀を食べる幸せを語った。


 理恵さんは王監督が30歳で現役の時に生まれた。「母は父の食事管理が一番の仕事と、ナイターが始まるころから料理の準備を始め、子供とは全く違う食べ物をバランスよく15品ぐらい並べた。小さい時から食事と健康は身近なテーマだった」と言う。スマップ大人気hotpepper!

 その母を5年前に胃がんで亡くし、昨年は王監督の胃がんも分かった。「退院後も固形の物は一時は何も食べられなかったのが父にとってつらかったと思う。バナナジュースでも詰まってしまい病院から泣いて帰ることもあった」と話す。楽天で仕事探しませんか?

 雑穀を食べさせるのも控えていたが、ある朝、秘密で雑穀を炊いていたのを王監督に見つかってしまう。「まさに炊けた時に『いいにおいだなぁ』と起きてきた。人は遺伝子の中に雑穀が確かに組み込まれているのでは……。今はキャンプに行ってしまったが、年が明けてからは一緒に雑穀を食べていました」と語った。

 会場の約350人は、しんと理恵さんの話に聞きほれていた。★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。