FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タレント、上原さくら(30)が15日未明にスピード違反をしたとして警視庁に道交法違反の現行犯で摘発されていたことが22日、分かった。上原は先月末に運転免許証の更新期間を失効していたことに気づかず、無免許運転だった。

 調べによると、上原は15日午前1時20分ごろ、東京都世田谷区鎌田1丁目の国道246号で制限速度60キロを23キロオーバーで運転した疑い。取り締まりをしていた交通機動隊の覆面パトカーに摘発された際、免許の失効も発覚したため、刑事処分にあたる交通切符(赤切符)を交付された。

 現場は多摩川の上を通過する片側2車線のバイパス。地元のタクシー運転手らによると、約3キロほど信号のない区間が続くため、スピード超過しがちな場所という。

 所属事務所によると、違反当時、上原はプライベートでマイカーを運転。川崎方面から世田谷区内の自宅へ戻る途中で、同乗者はいなかった。免許は3月31日の上原の誕生日から1カ月間が更新期間だったが、手続きをするのを忘れたままだったという。

 上原はこの日、マスコミ各社に自筆のファクスを送付。「このたびの私の交通違反に関して深く反省しています。今後、このようなことのないように注意します」となどと綴り、謝罪した。すでに免許の更新を済ませ、罰金も納付する予定。

 その影響を受けた23日放送のテレビ朝日系「愛のエプロン」(水曜後7・0)では、上原の出演シーンをカットするか、「4月14日に収録したものです」との注釈を入れて放送する。
★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。