FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 歌手の華原朋美(32)が所属事務所「プロダクション尾木」から専属契約を解除された問題で、同社に謝罪の電話を入れていたことが30日、分かった。同社の尾木徹社長の携帯電話に「ごめんなさい」と留守番電話のメッセージを残していた。しかし、同社は契約解除を撤回することはなく、華原のファンクラブも解散。会員には週明けに郵送で通知する。




 華原の留守電メッセージが残されていたのは30日午前2時半ごろ。「ごめんなさい。やめさせないでほしい」と懇願。残されていたメッセージにいつもの明るさはなく、消え入るような声だった。

 同社は29日午後に契約解除を発表。華原にはスタッフが同日深夜、自宅を訪れ、契約解除を伝える書面を直接手渡したもようで、それを見た華原が尾木氏に連絡してきたとみられる。同社は華原と先月中旬から連絡が取れない状態が続いていた。

 度重なる仕事のドタキャンに、睡眠薬や精神安定剤など薬物への依存。酩酊(めいてい)状態で警察に保護される奇行も相次ぎ、「これ以上、芸能活動を支えることが不可能」とクビを切られた。契約解除の発表から一夜明けた30日、同社は「きちっと休養して世の中に通用するようになってほしい」としており、撤回する意思もない。

 華原がレギュラー出演するフジテレビの音楽番組「新堂本兄弟」(日曜後11・15)には、1日の特番を含めて今後の出演予定はない。 ★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。