FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ボクシングのフライ級のWBCとWBAの世界王者は日本人だ。内藤と坂田。
 亀田兄弟を指導する父親の亀田史郎氏が7/21、亀田興毅と弟の大毅が、WBAフライ級王者で同ジムの坂田健史のみに照準を絞り世界挑戦を目指すと明言した。




日本選手同士による世界戦での同門対決は過去に例がない。兄弟のマッチメークは同氏が全権を握っている。

 7/18のWBCフライ級タイトル戦では、内藤がポンサクレック(タイ)を破り新王者になった。内藤は亀田興との対戦に意欲を見せているが、亀田史郎氏は「(内藤に挑戦するには)ややこしいものがつき過ぎている。内藤は眼中にない」と説明。内藤の今後2試合の興行権はポンサクレック側が持つ。亀田兄弟と対戦するにはこれを買い取る必要があり、同氏は煩雑な手続きを要することを対戦回避の理由に挙げた。

 フライ級世界王者がWBA、WBCとも日本選手になったことで亀田兄弟の今後の動向が注目されていた。2人のどちらが坂田への挑戦を目指すかは、兄弟が出場する28日のノンタイトル戦(東京・有明コロシアム)の内容を見た上で決める。
★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。