FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大相撲の元小結「旭鷲山」でモンゴル人の実業家ダバー・バトバヤルさん(34)から金品を脅し取ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策4課は25日、指定暴力団住吉会系の元組長ら3人を恐喝未遂の疑いで逮捕した。


 バトバヤルさんは、元組長らとのトラブルが発端となって引退に追い込まれていたことも判明。同課は、昨年11月、バトバヤルさんが所属していた大相撲・大島部屋(東京都墨田区)のガレージに無人のトラックが突っ込んだ事件との関連も追及する。逮捕されたのは、住吉会系4次団体の元組長の宮本直彦(62)、同会系の別の組長の藤浪元巳(36)ら3容疑者。

 調べによると、宮本容疑者らは昨年10月下旬から11月上旬にかけ、バトバヤルさんと都内で3回にわたって面会するなどし、「形を示せ。それができなければ大相撲を引退するしかないな」と迫って暗に金品を脅し取ろうとした疑い。同容疑者らは具体的な金額などは口にしなかったという。

 バトバヤルさんは当時、モンゴルにある金鉱山の採掘権の購入先を探しており、別の暴力団幹部を通じて知り合った宮本容疑者から、買い手として韓国の企業の紹介を受けた。この企業は、宮本容疑者側にバトバヤルさんへの仲介料として約2000万円を支払ったが、宮本容疑者はバトバヤルさんに渡さなかった。バトバヤルさんが仲介料の行方を問いつめたところ、宮本容疑者らは逆に因縁を付けて脅し始めたという。

 大島部屋では、昨年11月9日と11日、玄関ガラスが割られたり、トラックがガレージに突っ込んだりする事件が発生。直後の同月13日、バトバヤルさんは引退を表明した。この日は九州場所2日目の場所中で、当時は引退の理由として「心臓の持病」を挙げていたが、同課の調べに「まだまだ現役として相撲を続けたかった。事件も引退の一因」と話しているという。

 バトバヤルさんは1995年、モンゴル出身の力士として初めて関取に昇進、横綱朝青龍らモンゴル勢の躍進の先駆けとなった。
★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。