FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 プロボクシングの亀田興毅、大毅兄弟(共に協栄)を指導する父親の史郎氏は29日、18歳の弟、大毅を次戦でフライ級の世界戦に初挑戦させる意向を示した。
 亀田兄弟は前夜のノンタイトル10回戦で共に大差の判定勝ち。史郎氏は内容の良かった方に世界挑戦をさせるとしていたが、「ずっと前から大毅と決めていた。年内にベルトを取らせたい」と話した。
 相手は世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者で同門の坂田健史が有力だが、世界ボクシング評議会(WBC)同級王者の内藤大助(宮田)も視野に入れ、交渉を進めるという。10連勝中の亀田大は「どっちでもかかってこい」と自信を示した。★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。