FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 プロボクシングの世界戦での反則を巡り、日本ボクシングコミッション(JBC)からライセンス停止処分を受けた亀田大毅選手(18)=協栄=と父の史郎トレーナー(42)が17日、東京都文京区のJBCを訪れ、謝罪した。その後、JBCで11日の試合後、初めて公の場に出てきた史郎氏は「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。一歩一歩やっていくので今後ともよろしくお願いします」と話した。


 会見には史郎氏のほか、大毅選手、協栄ジムの金平桂一郎会長の3人が出席した。

 世界戦時には金髪だった頭を丸刈りにした大毅選手は、黒のスーツに白のワイシャツ姿。JBCへの謝罪中も無言だったというが、会見でもうつむいたまま。いつもの強気な振る舞いは全くなく、質問には答えずに2分ほどでJBC職員に抱きかかえられて、途中退場した。

 史郎氏は終始、丁寧語で受け答え。処分決定後、「大毅のライセンス停止1年は長すぎる」としたが、この日は「処分が出たものは、もう仕方がないと思っています」とし、提訴をしない意向を示した。

 史郎氏には11ラウンド(R)開始前、「股間を狙え」などと反則を指示した疑いが持たれているが、「反則の指示はしていない。最後はポイントを取られているから、悔いのないようにやれと。どうとらえようと勝手だが、おれらは言ってません」と釈明した。

 相手への挑発行為など、今までのパフォーマンスについて問いただされた時は「パフォーマンス?」と目を見開き、「今ちょっと分かりません」とした。
★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。