FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦が8日、東京・両国国技館で行われ、同級王者・内藤大助選手(33=宮田)が同級1位のボンサクレック・ウォンジョンカム選手(30=タイ)と対戦。判定で内藤選手が2度目の防衛を果たした。

 内藤選手は序盤、やや硬さが見られ、挑戦者の動きが目立った。4ラウンド以降は、徐々に落ち着きを取り戻し、4ラウンド以降、細かい動きと手数で挑戦者を上回り始めた。9ラウンド序盤には、内藤選手がボンサクレック選手にクリンチから投げ飛ばされる場面もあった。

 内藤選手は世界王座の国内最年長防衛記録を更新した。
★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。