FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 WBA世界フライ級1位の亀田興毅(21)が、メキシコで海外デビューする可能性が急浮上した。WBAとWBCの世界スーパーフライ級王座統一戦(17日、メキシコ・ドゥランゴ州)のアンダーカードでの出場オファーを受けたことが5日、分かった。7日に協栄ジムからの離脱が正式に決まれば、亀田サイドは本格的な交渉を開始する。王座統一戦の大舞台での出場が実現すれば、目標の世界進出への大きな1歩になる。


 夢の世界進出へ、亀田に絶好のチャンスがめぐってきた。舞台は17日に行われるWBA王者ムニョス(ベネズエラ)とWBC王者ミハレス(メキシコ)の世界スーパーフライ級王座統一戦。その世界注目のビッグマッチのアンダーカードへの出場オファーを受けた。

 ライトフライ級に続き、今年はフライ級で2階級制覇を狙っている。成功すれば来年以降はスーパーフライ級に上げて3階級制覇を目指す。「ボクシングの本場」といわれWBCの本部のあるメキシコで、しかも標的となるスーパーフライ級の統一戦の前座で、実力を証明できれば、世界へ最高のアピールにもなる。

 きっかけは3月の再起戦を控えた2月のメキシコ合宿だった。6度目の防衛戦を前にしたミハレスと20ラウンド以上もスパーリングをした。ともに試合直前で白熱した打ち合いになり、練習後はお互いの力を認め合って意気投合した。それが今回のオファーにつながった。★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。