FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和50年 横浜市立大学医学部卒
昭和57年 北里大学大学院卒
昭和57年~昭和60年 聖マリアンナ医科大学形成外科
昭和60年~昭和64年 環境庁、厚生労働省
平成元年~平成2年 日本医師会
平成2年~ 医療法人社団天道会理事長
平成3年~ 形成外科学医学博士

医療法人社団天道会理事長 菅谷良男は開成高校、横浜市立大学を卒業後、横浜市立大学病院で形成外科、整形外科、皮膚科、内科を研修した。ニューヨークのアルバニー医科大学病院で専門医の資格を取り北里大学形成外科を開設された塩谷信幸教授のもとで、日本で最初の形成外科の大学院生となった。大学院時代には北里大学病院やメリーランド大学SHOCK TRAUMA UNITで形成外科の研修を行った。
 
皮膚脂肪組織を移植する人工血管および、血液体外循環装置の研究を東レ、小野薬品、ミドリ十字社、東京女子医科大学医用工学研究所、スウェーデンのカロリンスカ大学等と共同で行い、アジア太平洋国際形成外科学会で発表し、同学会で激賞された。その後この研究は科学技術庁長官より、注目発明認定証を授与された。
 
卒業後は聖マリアンナ医科大学で教鞭を執るかたわら、文部省科学研究特別研究の「交通事故の救急医療体制の現状と問題点」を調査・研究した。それらの成果は今日の天道会の「土、日、祝日も対応できる医療体制を。」という理念に生かされている。
 
「交通事故の救急医療体制の現状と問題点」を踏まえ、救急医療情報システムの必要性を感じた菅谷は、厚生省に同システムの構築を陳情に行くうちに、厚生省への入省を勧められて入省し、厚生省課長として行政の立場から日本の医療水準の向上に貢献してきた。
 
しかし、勤務の都合で発見が遅れたため、膵臓ガンで命を失った弟の残された3人の子供の面倒を見る立場になった菅谷は厚生省を退職し、形成外科の専門医の資格を生かし、平成3年2月12日、ひふ科形成外科のクリニックを横浜市泉区に開設した。
 
病気は平日に限らず土、日、祝日でも時と場所を選ばず発症する。その時勤労者が会社を休んで医療機関に受診することは、リストラの嵐が吹き荒れる現代においては、非常に難しい。つい、受診を遅らせ、病気の発見や治療が手遅れになってしまう。そこで、土、日、祝日も診療できる体制をとることになった。
 
さらに、地域においても世界最高水準の医療を提供すべく、各大学の優秀な先生方のご協力をいただき、地域住民に信頼され、天道会は現在では横浜市内は勿論、首都圏からも多くの患者さんに来院していただいている。★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。