FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
階級制覇した兄の興毅や弟の和毅のような才能は大毅にはない。不器用な次男坊は3兄弟でただ1人、負けを糧にしながら3度目の挑戦で世界の頂点にたどり着いた。

 興毅は「大毅は今さらアウトボクシングなんてできない。でも自分のスタイルに磨きをかけて強くなった」と言う。だが、大毅はこの試合では持ち味のフィジカルの強さだけでなく、フットワークを見せて、成長した姿を披露した。

 ただし、国内初の兄弟世界王者誕生という快挙は巧妙なマッチメークを次々と実現するマネジメントの力など周囲の後押しも大きい。33歳のデンカオセーンは精彩を欠いた試合が続くなど衰えが顕著で王座陥落は時間の問題とみられていた。坂田健史(協栄)ら多くの日本選手が挑戦者として名乗りを上げる中、陣営が粘り強い交渉で再戦を実現させたのは見逃せない。

 ある関係者は「亀田が破格のファイトマネーを提示したという話だ。タイ側はどうせ負けるなら最もお金をくれる大毅を選んだ。坂田とかには無理でも、大毅ならまだ勝てる可能性があるしね」と内情を明かした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。