FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦(25日・東京ビッグサイト)の調印式と計量が24日、東京都内で行われ、初防衛戦に臨むチャンピオンの亀田大毅(亀田)は「自分の力を出せればKOできる。みんなに感動を与えるような試合をしたい」と闘志をみなぎらせた。
 挑戦者で元WBA同級王者の坂田健史(協栄)は「苦しい試合になると思うが、最後は自分が勝つ」と必勝を宣言した。



 2人はかつて協栄ジムの同門で、世界王者だった坂田に亀田大が対戦を迫った因縁がある。挑戦を受ける立場となった21歳の亀田大は坂田を「元世界王者で強い」と評価。自身は今年2月に3度目の世界挑戦でベルトを奪取し「今回の方が気は楽。怖いものはない」と平常心を強調した。

★connection★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。