FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前半、中村がゴール前にあげたクロスボールに相手GKと高原がもつれ、そのままゴールし、先制。

 後半39分、オーストラリアのロングスローインからの攻撃、ケーヒルに押し込まれ、同点。

 その後、またケーヒルがゴールポスト枠内側に当たって入る絶妙なシュート。逆転される。ロスタイム3分、オーストラリアがさらに追加点、1対3で日本敗退。

 試合を一言で総評すると、後半39分までは、ボール支配はオーストリアが多かったが、試合全体は日本がコントロールしていた。日本の守備は非常にうまく機能していた。が、後半39分の同点シュートで集中力が切れてしまったか・・・。 この同点シュート、GK川口が飛び出したがボールに触れなかったのが痛い。パンチングできれば・・・飛び出さないで待っていれば・・・と悔やまれる。また、日本は得点機会が多々あったが追加点が取れなかった。

 試合終了後、選手は残念な顔をしていた。ちくしょーって感じの顔。でも取り乱さず、我慢、次に向けて気持ちを切り替えしようという感じ。サントスは、手拍子して、次の試合に向けて前向きにがんばろうという感じでした。

 私も日々の出来事に悔やんでばかりおらず、前向きに考えていかなきゃなー、という事を学びました。アニマル浜口も娘が負けた際、「人生おまえの思い通りにはならないんだー」と言ってました。思い通りになるなんて傲慢な考えなんだよね。ならない場合が多い、そこから考えたり努力したりする事に意味を見出していきましょう。

 対照的なのはファン。調子良い、ブーブー文句、発言が幼稚でみっともない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。