FC2ブログ
  2月24日に東京都が都議会に提出した青少年育成条例改正案に対し、出版社や漫画家・作家をはじめ、一般の人たちからも危惧する声が高まっている。今回の改正案では、漫画やアニメに登場する18歳未満と思われるキャラクターを「非実在青少年」と定義し、それらが性的に描かれていれば不健全図書に指定される可能性もあるからだ。