FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 プラスチック製品製造業「富士工業」(大泉町)の日系人従業員ら十二人が社内の盗撮被害や有給休暇がないなど不当な労働を訴えている。従業員らが加入する埼京ユニオンが二十一日付で同社に団体交渉を申し入れた。
 ユニオンによると、訴えているのは工場で検品などをする社員や元社員で日系ブラジル人男女十人、日系ペルー人女性二人。女性社員が四月二十五日、社内のトイレで隠しカメラを見つけて工場長に提出し、大泉署に相談。カメラを仕掛けたのは主任の四十代の男性で、盗撮を約四カ月間続け、解雇されたという。被害者の社員たちは慰謝料などを会社に求めたが断られた。有給休暇がなく、社会保険に加入させないなどの法令違反も訴えている。同社社長は「対応は弁護士に一任している」と話している。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。